日頃の疲れをとるための温泉地への一人旅なのに、 食事の際、大広間などで団体客と一緒になり、人目が気になり落ち着かなかったってことはありませんか?癒しを求めて、食事部屋出し温泉一人で宿泊にこだわり、一人旅でリラックスするための情報を掲載します。

強羅環翠楼 昭和天皇も宿泊された高貴で静寂の宿

強羅環翠楼 門
強羅温泉(ごうらおんせん)の強羅環翠楼(ごうらかんすいろう)にGW明けに宿泊してきました。
毎回のように一人で宿泊温泉食事部屋出しには当然こだわったのですが、1泊3万円以上のハイクラスの宿にこだわってみました。

2万円クラスの宿には何度か泊まったことがありましたが、3万円を超えると、どう違うんだろう~と。
ちょっと奮発して泊まってみました
この宿の特徴は下記の通りです。
・1泊3万円以上のハイクラスな宿
・昭和天皇、皇后両陛下も宿泊された高貴な宿
・時がゆるやかに流れていく静寂の庭
・離れを含む14の個性的な客室

予約は、じゃらんでネットから予約できます。



じゃらんで予約する


では、実際に泊まったときのレポートです。

強羅環翠楼のある強羅温泉は、箱根登山鉄道の一番上まで上がったところにあります。
強羅温泉は、公式ホームページにも書かれているのですが、
小田原電気鉄道(株)、現在の箱根登山鉄道とともに発展してきました。
なので、車で行くよりも強羅温泉を発展させた、箱根登山鉄道で、箱根の自然を感じながら行くことをお勧めします。
都会にいると滅多に見ない単線、そして、急な斜面を上がるために前と後ろを切り替えながら徐々に上がっていくスイッチバックを体験してください。

箱根湯本から30分ぐらい箱根登山鉄道で箱根の山をあがっていくと強羅駅につきます。
目的の強羅環翠楼は、駅から歩いて2,3分。
上の写真のように緑に囲まれた中にあります。
電車でなく自動車でいっても大丈夫です。広い駐車スペースあります。

強羅環翠楼 三亭
宿に着き、部屋まで案内されたのですが、さすが3万以上のハイクラス。
離れです。
私が泊まったのは一番奥の三亭という離れの部屋です。
敷地内は、緑に囲まれていて、迷子になりそうなぐらい非常に広いです。
敷地は一万坪もあるそうです。
現に、外出するとき迷子になってしまいました。

部屋は、昭和24年開業なのであまり綺麗ではありません。
ただ、隅々まで手入れは行き届いています。
かび臭いとかも全然無く、問題ありませんでした。

あと、離れには、小さいですがお風呂もついています。
足湯として使って、本を読みながら1時間近く入っていました。

それと、離れから外を見渡すと自然がいっぱいです。
離れから外を見たり、庭を散歩したり、静かな時を過ごせました。
パンフレットにも書かれている

こずえを揺らす風に
    静寂の姿をとらえる休日。

時とは刻まれるもの絵はなく、
    ゆるやかに巡りゆくもの。


という言葉がぴったりです。

都会では感じられない、静寂というものを感じることができました。
私は、この庭が一番よかったです。

この宿には昭和天皇も宿泊されたそうで、

思い出のふかき山々 さびしげに
  そばだつ見えて 秋ぞくれゆく

というお歌を残されています。
秋にこの宿にとまり庭を見ながら読まれたのでしょう。

続いて、露天風呂ですが、私が泊まった三亭から見えるところにあります。
緑に囲まれた自然に触れながら、ゆっくりつかりました。
14部屋しかないので、全室埋まっていてもそんなにお客さんは多くないので、一人でゆっくりつかることができました。
14時からチェックインできますので、なるべく明るい内に早めにいって、緑を見ながら、温泉につかることをお勧めします。

強羅環翠楼 露天風呂


お風呂から上がって、まったり休憩した後は、いよいよ夕食です。

強羅環翠楼 夕食
まずは、食前酒とともに写真のように小出しに料理が運ばれてきます。
さすがにハイクラスな宿。料理はいっぺんにでなく、少しずつ運ばれてきます。
私の経験では、2万円を超えると少しずつ運ばれてくるようです。
これは、温かい料理を食べられて非常にいいです。
つづいてはアイナメのお吸い物、そしてお刺身です。

強羅環翠楼 夕食 強羅環翠楼 夕食

その後は、わかたけやメバルの唐揚げなどが、順に1品づつ運ばれてきます。
メバルの唐揚げは2度あげてあるので、頭から全部食べられるそうです。
私はいわれたとおり全部食べちゃいました。
頭もパリパリしておいしかったです。
でも、実際は、この宿に泊まられる方は年配の方が多いようで、全部食べられるような歯の丈夫な方は、余りおられないようです。

強羅環翠楼 夕食 強羅環翠楼 夕食

やはり1品づつ出てくると、どの料理も温かい状態で出てきて、本当においしかったです。

強羅環翠楼 夕食 強羅環翠楼 夕食

そして最後は、5月だというのに、デザートとしてスイカが出てきました。
とてもおいしかったです。

腹一杯食べた後は、ゆっくり休憩した後、もう1度露天風呂に入った後、早めに就寝しました。

翌朝は、再度露天風呂で朝風呂に使った後、朝食です。
朝ご飯は特に変わったところはありませんが、何杯もおかわりして満足です。
その後は、チェックアウトの10時まで、庭を散歩して再度自然を楽しんで帰りました。
強羅環翠楼 朝食

今回の強羅環翠楼は、私にとって初めての3万円超のハイクラスの宿でした。
さすがハイクラスの宿だけあって、
・静か。自然を感じられる庭園
・離れ
・夕食は、一品一品運ばれてきて、暖かいものを味わえる
と、今までとは違うものを体験できました。

ただ、3万円の宿に毎回泊まれるほど、経済力は無いので、
年に1回ぐらい、こういうハイクラスの宿に泊まりたいな~と思います。

なお、強羅環翠楼は伝統的な宿ですが、じゃらんなどネットでも予約できます。



じゃらんで予約する

そのほか一人で宿泊、温泉、食事部屋出しを味わえる箱根温泉 箱根七湯 箱根十七湯の宿
12,800円~ 箱根旅の宿 海本  大平台温泉。大浴場&露天風呂が2つ、貸切できる温泉宿。気さくな主人の宿
17,000円~ あまゆ荘  箱根湯本温泉。自然に囲まれ開放感たっぷりの露天風呂が自慢の温泉旅館
17,640円~ おん宿 章八  箱根湯本温泉。眺望の良い客室と丸い釜露天や寝風呂で寛ぐ全11室の宿
18,900円~ 対星館 花かじか  堂ヶ島温泉。秘境の隠れ家で、温泉と美しい自然に囲まれた渓谷を愉しむ。
21,000円~ 四季を味わう宿 山の茶屋  箱根湯本温泉。爽風わたる渓谷にかかる吊り橋の向こう、民芸風の湯の宿「山の茶屋」。爽やかな風に揺れる木洩れ日、四季の彩るおもてなしの宿。
25,000円~ 旅館 さるさわ  箱根湯本温泉。自然に囲まれた静かな旅館、四季折々の山がステキ!気取らない宿
26,250円~ 雉子亭 豊栄荘  箱根湯本温泉。広大な庭園と美しい風景が客室や野天風呂から楽しめる宿。
26,900円~ 萬岳楼  仙石原温泉。ブナと姫沙羅の原生林に囲まれた全6室露天付の森の宿
29,400円~ 歴史生きづく宿 環翠楼  塔之沢温泉。老舗旅館の奥ゆかしき風情を感じ、温泉に浸かり静かな休日を
31,500円~ 強羅環翠楼  強羅温泉。一万坪の自然あふれる庭と温泉「強羅環翠楼」箱根登山鉄道強羅駅より歩いて僅3分。ここに静寂があります。
34,125円~ 仙郷楼  仙石原温泉。仙石原一望の老舗。貸切露天を始め種類豊富な温泉は全て乳白色